Extracts
русский
日本語
italiano
english
ελληνικά
  I.パナギヨトプロス

…人はその中の沢山の闇と戦う。それでもしかし、無視してはならない、明るい炉を、隔離された孤独の避難所で不眠の、その人間性の炉を。そこには熟練されていない目の年端のゆかぬ一人の子供がいる。一人の子供、生きるために来た、死ぬためではなく。悪を知らず、光を切望し、好奇心と疑問を持って振り向き我々を見つめる。一人の可愛らしい子供、或る夜明け。この子を切り刻むのは、歪めるのは、殺すのは、とても残念なことだろう。人間は偉大なことのために創られ、生まれつきの犯罪者ではないことを教えなければならない。品格の最大限の学びを教えなければならない、寛容と愛の力で強化しなければならない、このくじけぬ、砕けぬ力を。言わなければならない、我々は大きな過ちに陥ってとても高い賠償を払い、そして今もはや二度と同じ過ちに陥らぬと…



  D.ソロモス

…「聞きなさい、小鷹よ、可哀相な小夜鳴鳥さよなきどり。私の人生は君の手にあり、そして私が決して届かなかった、雲の中での私達の飛翔のように。だが聞きなさい:……
……
………私に一瞬だけ生きさせておくれ、天空に出るまでに必要な間、私の中に感じる君の耳、宝。生まれなければならないそれを殺してはならない!」

小夜鳴鳥さよなきどりが話していた間、小鷹は猛禽の爪を緩め、そしてもう片方で友好的な手招きを小夜鳴鳥さよなきどりにし、しかしその瞬間それは絶命した。



  S.ミリビリス

……眠りは全ての上に座った。重く、不動で、麻痺させ衰えさせる病のように。 ペッパー・ツリー、ブナの木々は、忌々しい縄の根に縛られ、生涯土に根を下ろし、立ったまま眠った。眠りに落ちながら、それらの髪の中に激しい列車の通過の動揺を残し、それら記憶を揺さぶって夢となった。木々は大地がそれらの拘束を解き放った夢を見た。揺さぶったと言う、それらの群葉が、緑の幅広い羽となって、力と意思に満ちて。動いたかのようだった、風を押して光の中で軽く起き上がり、大地の拘束から自由に放たれて。虚空の中でそのように陽気に起き上がり、青い宇宙、月の病んだ谷から立って去った……

……太く、重く、根を張ったそれらの体の中に消えかかって残っていた、かつての記憶からの夢だった。それらがまだ種子だった頃の、小さく、薄い絹の羽がついて綿毛に覆われた種子、ある秋に高い枝から発って風の翼に乗って旅した、ぼんやりした記憶。精力的に、官能的に、不安気に、あちこち飛び回った。喜びに溢れ、霊妙に、限りなく飛んでいた、そして開放の神聖な一吹きだけがそれらを支配していた。
(徐々に根と縄になったかつては一対の羽に夢見たことのない者がいるか…根と縄…)



  D.トロバス/イソップ

彼等はその幹から作った楔で
オークを無慈悲に裂き。
そしてそれは死ぬ間際に:
-「彼等が私を槌で
蛇の鋸で打とうと?
楔だけが私を痛めつける
私の身の一部であるそれで!…」



  M.アウレリウス

……毎朝自分自身に言うがいい:忙しい、感謝の無い、傲慢な、不正直な、嫉妬深い、無愛想な者達に会うだろう。それら全ては彼らが善と悪をないがしろにしているからだ。しかし私は知っている、自然の良さ、それが美しいと、そして自然の悪、それは醜いと。しかしそして自然の誤っているところは、私の身内であり、私自身の血や精からではなく同じ精神からで、神的部分に属す故、私はそのどれも損なうことは出来ず、誰一人として私を醜さに巻き込むことは出来ないからである。

...

……空論の行進、舞台上のドラマ、群と爆笑、体を貫く槍、小犬達に小さな骨、水槽の魚達に餌、荷を負う蟻達の苦労、怯えて走る鼠達、操り人形達の苛立つ仕草。そこで善意をもって傲慢さ無しに彼等の前に立たなければ、しかしそれぞれが、その関わる物事と同じぐらい、価値があることに気を付けなければならない。



  N.カザンザキス

……神は危うい。全能ではなく、疑いない勝利を期待して我々は傍観する。我々を哀れみ救うだろうと信頼をもって期待する全くの聖なる者ではない。
……短い稲光のような我々の人生で、神の全身が我々に寄り掛かるのを感じそして徐に理解する:もし皆が強く切望するなら、もし地上の全ての可視不可視の力を集めて上に向かって投げれば、もし皆不眠で結束し戦えば 宇宙は救われるかも知れない。

...

……神は戦いの合図を出し、私も震えながら襲撃にかかる。脱走兵のように居残ろうと、勇敢に戦おうと、常に戦いで命を落とすだろう。だが私の死は第一不毛だ。失われる私の体と共に、魂は風に散らされる。一方で、種に溢れる実のように、地に降りる。そして私の息は、私の体が腐敗してゆくのに任せ、新しい体を組織して戦いを続ける。
私の祈りは物乞いの愚痴でも愛の告白でもない。商人の乏しい見積もりでもない。君にやった、私にくれ。私の祈りは兵士の将軍への報告。今日はこれをした、戦い全体の中自分の持ち場で如何に救おうと戦ったか、これらの障害を見つけた、そうして明日戦うことを考察する…

...

……我々は皆一つであり、皆が一つの危険に晒された本質である。世界の端で落ちる一つの魂が、その落下で我々の魂を引き込む。世界の端の一つの精神が愚かさに沈み、我々の知力を闇で満たす。



  G.ダニイル

彼はここで石を投げ
そしてあそこで石を投げられる
他の者はまた座り
石を数える。



  T.ウィリアムズ/E.ロビンソン

…我々は皆、巨大な幼稚園の子供であり、間違った文字で神の名を綴ろうと努力している。



  A.アインシュタイン

……私の道を照らした理想と人生に立ち向かうために常に私に喜んで勇気を与えてくれたのは真実、善意そして美であった。…人間の努力の日常的目的は財産、表面的成功、贅沢常に私にとって卑しく思えた。

…人間の本当の価値は主としてその自己の開放に打ち勝った程度と仕方によって定められる。

…人間に対して犯罪である或る種の迎合がある…

...

…あなた方の世代がいつか私達の世代を恥に位置づけるを望む。




  V.ユーゴ

社会は犯罪を用意している。犯罪者がそれを実行する。




  S.ボードレール

……二つの声が私に話し掛けていた… 一つ目は、ずるく安定していて、言っていた:「大地は一つの美味なお菓子である。私は君に同様の大きな食欲を与えることが出来る(そして君には終わりの無い喜びとなるだろう)。」そして二つ目:「おいで、さあ、おいで夢の旅へ、可能を超えた、既知を超えた!」そしてその声は海岸の風のように、何処から来たのか誰も知らない幽霊がすすり泣いているように、耳を撫で、そしてしかしそれを怯えさせ、歌っていた。私は君に答えた:「そうだ、甘い声よ!」
その時から出来ることを保っている、哀しいかな、私の傷と運命が語られるために: ……私の足を噛む蛇達を引き摺る…… ……最も渋いワインに甘味を見つける…… ……そして空に目を向けて、崖から落ちる。
しかし声は私を擁護し言う:「君の夢を持っていなさい。賢明な者達は気狂い達が持っているような美しいものを持っていない!」



  J.クリシュナムルティ

……もし両親が子供を愛しているなら、国粋主義者ではないだろう、彼等自身をどの国にも合致させないだろう。何故なら国々への崇拝は戦争をもたらし、彼等の子供を殺し、又は歪めるからである。もし両親が子供を愛しているなら、どれが所有の正しい関係か理解しているだろう。何故なら独占本能は所有にある甚大で偽りの意味を与え、それが世界を破滅させるからである。もし両親が子供を愛しているなら、如何なる組織的な宗教には所属しないだろう。何故なら教義と信仰は人々を相反する団体へと分けるからである…
もし両親が子供を愛しているなら、妬みと争いから離れて現存の社会の構造を根本から変えることに着手するだろう……

……金持ちは全く自分達の特別な環境に生きている。富を持っていはいないが、それに所有され、死より悪い。
……貧しい者は裕福で有力であることを切望し、そして金持ちは既に彼等の行いの糸に捕らえられている… 外的な素振りが大きい程、内的な貧困はより大きい……

……我々は常にこの地の泊り客で、そして泊り客の持つ質素さがなければならない。質素さは我々が少数の持ち物を所有するよりずっともっと深い何かである。



  G.イファンディス

童話と宗教に生きながら、
伝説や、街や民族の間を通り
幅が剃刀の刃程しかない例の橋について聞いた。
その橋を通ってのみ光に向かって行けると彼等は言う。
ところが最も賢い者達が説明する
君自身が光であればのみその橋を渡ると。




  K.ギブラン

自分の影以外は見ない、太陽に背を向けるものは誰であっても。




  K.カヴァフィス

…このように君は自分の人生を無駄にしていた
この小さな隅で、
世界中においてそれを壊した。



  T.リバディティス

…世界の創造
   未だ終わっていない…








.      
show demo
 
 
 
.