青い蝶.    それら以前に、いつか君が来ると心のの奥底から自分に言い聞かせていた···
español
русский
日本語
italiano
deutsch
français
english
中文
العربية
ελληνικά

幸せだ… 彼らの色彩は太陽の下で輝き、私の大広間など決して知らなかったかのように… それを豊かにすることもなかったかのように…」
「もはや私は彼らの幸せだ、小さな蝶よ!
私、私だけが。」


彼女の方に向き直った。彼の視線は彼女の視線に絡んだ。
「受け入れよ」彼女に言った。

「約束する、日に日に君は私達の間の小さな同意を忘れるだろう…
そしてその時、悲しむことなく満開の私の庭園で生き続けるだろう。」


彼は螺旋階段の天辺に向かって進んだ。
最初の彼の城に立ち止まり、そして恐らく最後の段で彼女を見つめるために再び向き直った。

「日に日に君も忘れる、小さな蝶よ…」


         「…皆忘れる…」




続く…      
 
メール    PDF/ テキスト&イラスト
   全文英訳  
プレゼンテーション
show demo
 
 
 
.