その本は読むことを知らぬ一冊の本だった!一つの喜劇···
español
русский
日本語
italiano
deutsch
français
english
中文
العربية
ελληνικά

…何であり得たのだろう?そして本自身が何であるのか知らないのに、どうやって他の者達が持ち帰ることをそんなに長い間待っていたのか?そして誰に訊いて教えてもらう?誰?誰?誰?


一冊の孤独な本、最後列の本棚の最上段、右の方。一冊の本――街で一番大きい書店、恐らくその書店中でたった一冊――読むことを知らなかった。

そのページに載せられた文字たち、美しい装飾文字、それらはその本に何も語らなかった。
全く何も。
文字たちは、ご存じの通り、それを読むことを知る者以外には決して話さない。
文字たちはそれほどに、しかしそれほどまでに気位が高いのだ!




…完全版は硬貨のストーリーと共に以下の形式で収録されています:
    PDF形式
   書籍形式