その本は読むことを知らぬ一冊の本だった!一つの喜劇···
español
русский
日本語
italiano
deutsch
français
english
中文
العربية
ελληνικά
太陽は昇る一方で銀の硬貨の上に輝いていた。
そしてそれは長い時間の深い眠りの後 徐に目を開け痺れた体を伸ばした。その上ではたいへん湿気があった!村のはずれの二階建ての農家の屋根瓦の上。

「おはよう」、優しく片側に言った。

返答なし。

「おはよう!
起きて、夜が明けた…」もう一度言った、もっと優しく。


けれどその片側は答えなかった。今日も答えなかった。
記憶する限り答えたことはなかった。どれだけ優しく話しかけたとしても、何度も求めたとしても。

空に昇る太陽を見つめて微笑んだ。

「どうして私に話してくれないの?」また片側に言った。
「私に話して、私もあなたと同じぐらいこんなにも独りなの。」
「私に話して。」

「知ってる、私に付き合うのがいやかも知れない、だけど何が出来るって?私たちは一枚の硬貨の二つの面に過ぎない。そして時々お話しするのもいいことよ。
お互いそれぞれがいるのもいいことじゃなくて?」

しかしもう一面は話さなかった。幾たびも彼女に乞いた。知っている限りの方法で彼女に乞いた。しかしそんなに多くは知らなかった!一枚の小さな安い硬貨の一つの側だった。それ以上のものではなかった。

「おやすみなさい」闇が降りる中、そう言った…




* *

「おはよう」太陽が微笑むや甘く言った。

返答なし。けれど多分まだ眠っているのだ!もう少し待とう。

太陽が高く昇るまで待った。金色の一つの太陽。あの農家の瓦屋根の上、銀色の硬貨の上に輝く一つの太陽。その時思い切ってまた話しかけようとした。

「今日もいい一日ね、そうじゃなくて?」










…硬貨のストーリーの完全版は以下の形式で収録されています:
     PDF形式
    書籍形式