その本は読むことを知らぬ一冊の本だった!一つの喜劇···
español
русский
日本語
italiano
deutsch
français
english
中文
العربية
ελληνικά

…彼女はついと目を上げた。

紙テープが除かれショーウィンドウの人形たちが徐々に姿を現す、最初の瞬間から解った。
時々ショーウィンドウの人形たちも彼女を不思議に思っていた。急いでいる時ですら、いつも立ち止まり彼女に見惚れた。似合わなかろうと、いつも彼女の着ている服を買った。言う事が沢山あろうと、いつも最後は彼女の話で締めくくられた。

しかし違いすぎた!彼女達が自分の立場にあることをどのように想像していたか、彼女はよく疑問に思っていた…
彼女は立っていた。彼女たちは通りすがっていた。
彼女は売っていた。彼女たちはただ買っていた。

彼女たちは彼女に見惚れて、彼女は彼女たちを眺めていた!
彼女は女、そして彼女らはショーウィンドウの人形に過ぎなかった!

真ん中、そして世界の隅で彷徨っていた…

可哀想な人形たち!
幸いにも彼女の世界には属さなかった!幸いにも決して彼女の世界には属せなかった…

幸いにも誰かがあのガラスを張ろうと考えたことで…