その本は読むことを知らぬ一冊の本だった!一つの喜劇···
español
русский
日本語
italiano
deutsch
français
english
中文
العربية
ελληνικά

…しかしまたしても信じられなかった!あの掌以外の何でもなかった?触れていた掌、長い歳月の間触れていた掌?それ以外の何でもなかった、一つの… ただの音を奏でる箱?

そしてそれは出来る限り美しく歌った。たとえ彼等がその鍵盤を弾きながら叩いても、その最初のレッスンであっても、出来る限り美しく歌った!




  「…なんてこと、誰もいない…」
大きなピアノは自答し、暗い屋根裏でその弦から出る音色はひどく外れているようだった。

「…みんな行ってしまった…」


辺りはがらんどうに感じた。
古い照明器具や美しいロッキングチェア、騒々しい子供たちのおもちゃや赤ん坊の揺り篭はもはやなかった。何もなかった。誰もその侘しい屋根裏部屋のどこでもない真ん中で――それとも片隅で?――聞いてはいなかった。


家にも誰もいなかった。
下の階は空っぽだった。子供たちはすっかり成長していた。多分ずっと前に去っていたのだろう。多分所帯を持ち住居を構えて。
多分彼らが残していったのはそのピアノだけだろう!運ぶのは難し過ぎた。他の場所に収まるには大きすぎた。
古びたピアノが古びた家の古びた屋根裏部屋に。行き場を失った家に。


「それは残念」そう言って、外れた音調の流れが屋根裏部屋に響いた…