その本は読むことを知らぬ一冊の本だった!一つの喜劇···
español
русский
日本語
italiano
deutsch
français
english
中文
العربية
ελληνικά

「…起きて」、彼らに囁いた…
「僕も君らに秘密を話すから」

恐らくいきなり目を覚ましたようだ!小さなベッドから飛び起きて眠そうな目を強くこすった。
普段は深い眠りについているのだが、僕とは反対に。


「座って」、彼らに言った。

とりあえず、座った。
「どんな秘密?」辛抱できずすぐに訊いた。(その唇――老いていることを除けば― ―奇妙だと常に覚えておいて。
お喋りで!噂好きで!痛々しくて!
…そして今ここでは分析する理由のない沢山のこと、何故って要点を失うから。)

―君らを信用していい?
―うん、決して裏切ったりしない。

―でも… 秘密のままではいけない秘密だよ!

―つまり?
―全ての唇に伝えられなければならない秘密。いつかあの唇にも届かなければ…